メインイメージ

Educational insurance Web

特徴の解説:ニッセイ学資保険

ここではニッセイ学資保険について詳細に解説。
メリット・デメリット、この保険プランならではの特徴を説明していきます。

窓口をさがす

計画的に準備できる

ニッセイ学資保険なら、子供の教育費の中でも特に負担が大きくなりがちな大学の教育資金を計画的に準備することができます。
もちろん、小学校や中学校、高校の入学費用などを準備できるプランもあるので、それぞれの状況に合わせて、適切なプランを選びましょう。

窓口となってくれる代理店で詳しく話を聞いてから、最適なプランを教えてもらうのも良いかも知れません。
フィナンシャルプランナーなど、プロの話を聞くと、自分の希望に適した学資保険をナビゲートしてもらえますよ!

返戻率が高い!

学資保険を選ぶうえで、大きなポイントになる返戻率。
ニッセイ学資保険なら、払い込んだ保険料よりも大きな教育資金を受け取ることができます。
保険料払込期間中に解約した場合など、一部例外が生じる場合もありますが、基本的に返戻率は高水準。
他のメリットも踏まえると、かなりコストパフォーマンスに優れているように感じます。

返戻率は条件によって左右されるケースもあるので、実際に、フィナンシャルプランナーにじっくり相談してみると良いでしょう。

ちなみに、プランは二種類用意されています。
【こども祝金なし型】
大学入学にあたる年齢から毎年一回、計五回の頻度で学資保険を受け取ることができるプラン。
返戻率は約110%程度。

【こども祝金あり型】
大学入学にあたる年齢から毎年一回、計五回の頻度で受け取ることができる学資保険に加えて、小学校・中学校・高校の入学時期に「こども祝金」を受け取ることができます。
ちなみに、このプランでは「こども祝金」は自動的に据え置かれます。
申し出ることで引き出すことができて、据え置かれた間は所定の利率による利息が付くというシステムになっています。
返戻率は約107%。

万が一の事態にも対応!

万が一、払い込み期間中に契約者(保護者)が亡くなられた場合、その後の保険料の払い込みは必要なくなります。
もちろん、保障内容はそのまま継続されるので安心です。

育児相談ほっとライン

ニッセイ学資保険ならではのメリットがこれ!
育児や健康に関して、幅広く相談を受け付けてくれる窓口を無料で使えるようになります。

お子様の健康や育児の疑問を専門家に相談することができる窓口。
24時間・365日いつでも相談することができます。
窓口には、小児科医や看護師、管理栄養士などがスタンバイしており、夜間や休日の医療機関案内も行っています。

・夜中に突然吐いてしまった
・赤ちゃんが泣きやまない
・食物アレルギーかも知れない
・夜中に発熱してしまった
・離乳食はいつから何を与えるのが最適かわからない
・小児科医はどこ?

素朴な疑問から緊急時の対応策まで幅広く教えてもらえるので本当に便利です!
ニッセイ学資保険に加入することで、このサービスが無料で使えるようになります。

口コミナビ

ほっとラインが便利

1歳になる子供がいます。(初めての子供です。)
まだまだ新米ママなので何かと不安なことが多かったのですが、この保険に加入してからは分からないことがあれば直ぐ聞くようにしています。
本当に親切に対応してくれるので、非常に頼りになります。
これだけでもこの保険に加入した甲斐があったなぁと思えます。

35歳 女性 東京