育英年金付き

お得に学資保険を契約するには

デパートやショッピングセンターで買い物をするときには、売られている商品を買うこともありますが、衝動買いをすることもあります。
実際に買いに足を運んでみて、もっといいものがあれば買ってしまうことがあります。
また、お得な商品があれば、ついでにそれを買ってしまうこともあるでしょう。

このように、人は何かを手に入れるときには、お得に手に入れたいと思うわけです。
これは学資保険であっても同様です。
保険商品は目に見えないものですが、子供の将来や未来が詰まっているとも考えることができます。

決してお金で買えるわけではありませんが、できるだけお得に学資保険を契約することができれば、
とてもうれしいと思うに違いありません。
同じように見える学資保険でもちょっとしたコツを使えば、より安くお得に契約できることもあります。
例えば、契約者は父親や母親のどちらかがなることがほとんどです。

通常は収入があって経済力のある父親が契約者になります。
これはあくまでもよくあるケースですが、年齢に差があって母親のほうが若かったり、父親と母親が同年齢だったとすると、実は女性が契約者になったほうが、保険料が安くなることがあります。
この場合父親は別に生命保険に加入しておけば、父親と母親のどちらかに万が一のことがあっても、子供の教育費や養育費までもカバーできるのでオススメです。

他には保険料を年払いにしてみましょう。
保険料は、毎月支払うことが前提になっていますが、そうではなく年払いという方法も選択できます。
ボーナスなどで一時的に余裕が出た場合は、保険料を年払いにして、少しだけ節約することができます。

それでも2%から3%くらいは安くなりますので、保険料が多いということであれば、かなりのお金が浮いてくるようになります。
他には返戻率を下げないためには、必要のない特約はつけないようにしましょう。
学資保険に付帯できる特約はいくつかありますが、何でもつけてしまうととても割高な保険になってしまいます。

Copyright(C) 2013 大切な子供のための保険 All Rights Reserved.